2018/6/24 雑穀谷 クライミング ジョーズ スーパークラック

雑穀谷はまだ国際認定山岳医の受講生だったころ、富山の登山研修所で行われた講習に参加した時に一度訪れています。
その時の記憶は朧げながら(記憶力がわるい)、どうもスーパークラックを触ったようでした。
今回は再訪ということになりますが、道路工事の影響で岩場は少し様変わりしていました。



IMG_0670.jpg
桂台のゲートが開くまで待ってるところ。調べたところ6月は7時〜18時まででした。ハイシーズンは朝6時から開くみたいです。



IMG_0682.jpg
以前はオラッチャロックの目の前に車を停めて登っていましたが、30mほど下に立派な駐車場ができていて、ここから歩く感じ。
それでもアプローチ1分以内です。




IMG_0674.jpg
道路工事中。岩場が潰されなくてよかったです。



IMG_0684.jpg
A〜Cフェースもクライマーで賑わっていました。



IMG_0675.jpg
今回もオラッチャロックで遊びました。4つ星ルートの1つ、「ジョーズ」。その名の通り真っ白な背びれが見事なクラック。OSでした。内容も面白かったです。トポではテラスにたったあと、さらに右奥から岩のてっぺんまで抜けるようでしたが、ロープの流れが気になったし綺麗な終了点があったのでテラスまでとしました。地元の方にも聞いてみましたが、そこで終わりにする場合が多いみたいです。



IMG_0692.jpg
もう1つの4つ星ルート、「スーパークラック」。はじめワイド登りで2便出して解決できず、3便目でレイバックムーヴにしたもののバランス悪く大フォールorz ドはまりして4便もかかって何とか登れました。こんなに綺麗に割れているクラックも日本では珍しい!



前日の明星とうってかわって灼熱の1日でしたが、コンパクトな中に内容の詰まったエリアでとても楽しめました。
地元クライマーの方々にもとても親切にして頂きました。
楽しい北日本クライミング旅行でした!


2018/6/23 明星山 JADE 9P 5.11a チームOS

カラッカラに乾燥した北米から日本へ帰国したのが6/15。
もわっとした梅雨空の下、2ヶ月分のjet lagをなんとなーく1週間半くらい引きずりながら、晴れ間を逃さず登りに行って、
帰国後も放浪ライフを満喫していました。

もう数週間も前のことになってしまいましたが、帰国後すぐの週末はペコマと谷川お散歩へ。じっとり濡れたつるつるの烏帽子南陵でさっそくコテコテのジャパニーズクライミングをエンジョイしたりしてました。


P6170114.jpg
おおー、日本だー!って思いながら泥んこクライミングを満喫し、笹薮漕ぎののち国境稜線へジャーンプ!
記録はコチラ


今後の予定もどんどん埋まっていってます。


近々では、
7月〜8月にノルウェー!(1週間)
10月〜11月にヨセミテ!(1ヶ月)


そして先週末はヨセミテのパートナーSさん(ジムスタッフ時代の先輩)と晴れ予報を追いかけて北日本へ行きました!


P6230064.jpg
国内最大規模の石灰岩壁。


土曜日は明星山へ。「JADE」は2010年の10月、クライミングはじめて3年目位の頃にも一度訪れており、3P目の1ピン目まで到達できずに敗退して実に8年間、そのままになっていました。でもこの8年ずっと、心のどこかに「また行きたいな」という気持ちがあり、今回満を辞して(?)再訪できてとても嬉しかった。


P6230004.jpg
夜明け。


梅雨の晴れ間、しかも予報では気温25度を超えており、6月に登られている記録も少ないので岩の状態は期待していませんでした。
しかし行ってみると岩は予想外にぱりぱり!気温も低く、風が吹き抜けて少し肌寒いくらいで、結果的にはマルチ日和、大正解でした。


※OS狙いの方はとばしてね★※


P6230007.jpg

朝一のちょっとした(?)トラブルを乗り越え、渡渉も水量問題なく飛び石で、無事取付きへ。


7時半頃、登攀開始です。
1P目、私からリードスタートしたものの、ラインを間違えて少し右上してしまう。
2P目の出だしが明らかに悪いホールドの乏しいハング越えで、たぶん悪食外道とか、JADEの右のルートに入り込んでいるだろうと判断。SさんがそのままJADEの1P目終了点までトラバースしてくれて、正規ラインにのれました。


2P目、また私のリードからつるべで仕切り直し。
2P目は5.11aの三段ハング越えで、8年前にはペコマがリードしたところです。快適にOS(FL?)。


P6230011.jpg
2P目のフォロー中。


P6230016.jpg
3P目もハング越え。はじめラインが分かりにくく、スタートから左寄りのラインをとりました。ビレイ点から直上にもボルトはあるものの、逆層でホールド乏しくおよそ5.10bとは思えない様子でした。8年前はもしかしたら悪い直上ラインにトライしようとして敗退したのかな?


4P目は2つめの核心ピッチですが、ここが相当シビれました。一瞬「ラインを誤ったか?」と思ってしまうほどのランナウトと(Smithで鍛えられていたので助かった)、登られてるんだか登られてないんだか分からない、フリクションもホールドもほとんどないつるつるのどスラブ・・。


石灰岩のスラブって、思えばはじめてだったかも。
少しでもくぼんだところに意を決して乗り込んだら最後、もう降りることはできないので、ひたすら登り続けるのみ。ということでなんとかOS。でもこの長いトライで、少しきつめのシューズの中でつま先がかなりやられ、残りの5ピッチは足の痛みとの戦いでした・・・(サイズ選びまちがえたorz)。


P6230027.jpg
5P目。岩は結構浮いていてもろい。


P6230034.jpg
快適なビレイ&ラペルステーション。


P6230032.jpg
上越の山々が見えている。すっきりと晴れてはいないがクライミングにはちょうどよい気候。時たま太陽が出ると暑かった。


P6230038.jpg
主人の帰りを待つエクストレイル。この日、休日にも関わらず他にクライマーはおらず、観光客もまばらだった。


マニフェストに合流してからの8P目も自然にかえりつつある脆いフェイスで緊張しました。


P6230043.jpg
8P目終了点は鷹ノ巣ハングのなか。


P6230044.jpg
いよいよ最終ピッチ!


登攀終了は15時。懸垂下降は60m4回で地上まで。ラペルステーションは60mぴったり設計でした。
下降中、16時くらいになったら予報通り雨が降ってきたけど、ほぼ1日問題なく登れて満足満足。


P6230059.jpg
帰りはこのミニチロリアンを使ってみました。ロープはぼろぼろだったけど、1歩またぐ時の手がかりにするだけなので問題なかったです。


翌日は雑穀谷に転戦することに決まり、8号線を日本海沿いのドライブ。
たら汁街道で、お鍋で出てくるたら汁をいただきました!


IMG_0640.jpg
栄食堂


tarajiru.jpg
たら丸ごと一尾入った豪快なたら汁。優しいお味!ホルモン焼きも美味しかった〜。ごちそうさまでした!


次は雑穀谷のレポートです!


城ヶ崎クラック修行開始〜スコーピオン完登

お正月休みのタイツアーを終え、今週末からは、前々から通いたかった城ヶ崎クラック

今週末の狙いは山野井さん三部作のひとつ「スコーピオン」です。
圧倒的などハングのど真ん中を、クラックをつないで左下から右上まで登る超かっこいいライン!
5.12aとのことだし、マリオネットの感じでいけば「数便で登れるかな?」なんて思っていましたが苦労しました。


20180114164051af1.jpeg
久しぶりのトラッド



初日はリード1トライ目でこてんぱん。核心部と、最後のトラバース部分のムーブを解決できないまま時間をかけてTO。
この日は丸一日貸切だったので、ウェブザベーションしながらペコマと代わる代わるTRで練習して計4便出しました。
それでも「こりゃ来週も来るかんじかなぁ」という感触。温泉と廻り寿司、民宿素泊まりで早めに就寝。

迎えた今朝は、昨日のトライでいじめすぎた右手中指がヤバい。核心部でシンクラックをフィンガーっぽく持つのですが、腫れた第二関節が邪魔するので「ひっかかるな〜!」って無理矢理ねじ込み過ぎたのが原因です(´・ω・`)
今日はエリアを変えた方がいいのか?ともよぎりましたが、一応浮山橋に行きました。


20180114164246c59.jpeg
ポカポカいいお天気〜。後ろの壁の左下から右上まで登るのがスコーピオンです!


今日は先客が2名いてスコーピオンをトライしており、友人のYさんもスコーピオンをやりに来ていました。他の人のムーブやプロテクションも参考にしつつ、ペコマのリード便のあとにTR回収便を1トライ。
それで未解決だったところも一応つながり、何となく「もしかしたらもしかするかも?」と思い始める。


20180114164248fdc.jpeg
慣れるまではすぐ迷子になるどハング。両足つっこみのレストポイントも腹筋と前脛骨筋がよれる!!


私たちも含め5名がスコーピオンなので、長い長い待ちレストののちに本日2便目のリードトライ。気合いを入れ直しました。
結果、懸念していた核心部のプロテクションセットは問題なくこなせ、テーピングでガッチガチに巻いて少し細くした中指もクラックにすんなり入り、核心部を突破。最後は少しよれたけど、そのまま登れてしまいました。やったー♪


20180114164251548.jpeg
今回もトライ中の写真はナシ!いいんだよ、写真のために登ってるわけじゃないからね!(泣)



ムーブ解析にかなり苦労しましたが、"分かってしまえば"といった感じでした。本当にアクロバティックで面白いルートでした。

昨日のリード1便目は怖いし力入りまくってガチガチでした。城ヶ崎のしおしおクラックは一見バチ効きなカムでも抜けると聞くし、ジャミングの感じも大好きな花崗岩とはちょっと違うし、さらにハングの仕方がすごすぎて前後不覚になっちゃいます。
でも、何よりまず城ヶ崎クラックは見た目がかっこいい!登れるなら登ってみろ、みたいな威圧感がたまりません。
それに、オールラウンダーを志す者としては、"苦手意識"みたいなものは悉く克服したいのです。


20180114164242c40.jpeg
蚊に刺されたあとが痒いなって思うとタイを思い出します。楽しかったなぁ〜。ま、毎日楽しいけどね!



来週はアストロドームに行きたいな・・。ということで1月中は城ヶ崎クラックパートナー絶賛募集中です!(笑)

奥多摩 御前岩 で登った。

IMG_5275.jpg
ROCK&SNOW No078に掲載された再発表エリア、奥多摩の御前岩(ごぜいわ)に行ってきました!

場所は白妙のちょっと手前。奥多摩クライミングセンターに駐車して手続きをします。

センターはとても綺麗。車数台停められる駐車スペースあり、きれいなトイレあり、そしてすでに岩場が見えてます!
あれはエレファントロック東面かな?

59970181-E1AC-4382-8470-4D95D352A568.jpg
階段を上ったところにクライミングセンターがあります。表に設置されている小さな投書箱のところでまず入山登録をします。小さな木のトビラをあけると用紙とボールペン、封筒が用意されています。用紙に必要事項を記入して、1人500円とともに封筒にいれて投函。
その後、ノートもおいてあるので日付と入山時間、名前を書きます。また、帰る前にもここへきて、ノートに下山時刻を記入します。

クライミングセンターの駐車場利用の場合は、階段あがったところにある自販機で「500円」と表示されたドリンクを買います。
ちなみに、ドリンクもちゃんと出てきます。
この駐車料金や、奥多摩クライミング委員会の方々の会費などによって、岩場やセンターが管理され、また地元の方々への還元がなされているそうです。有難いことです。

IMG_5277.jpg
手続きを終えてから、アプローチ開始!橋から踏み跡をあがっていくと5分もしないうちに岩が見えてきます!
ドラゴンロック。かぶってるー!

荷物を置いて一休みしていたら、「壁の下は落石があるので離れた方がいいよ」と教えていただきました。
この日はなるべく一日メットをかぶって過ごしました。


IMG_5289.jpg
はじめはエレファントロック東面で看板ルートをやりました。ロープスケール28mの長大な石灰岩の旅、「ハートブレイク」です。
久しぶりに長くて気持ちが良かった!!


IMG_52952.jpg
右端のカンテには超かっこいい「アスリーツボディ」!はー、これ、いつか絶対登りたい!!

ほかにもやりたいルートはありましたが、ひとまず岩場全体を見学してみることにしました。

IMG_5299.jpg
まずはエレファントロックの北面から。うわー!で、でかーい!!面白そうでめっちゃかっこいいラインがいくつも見えます。
は〜、こりゃ足繁く通うしかないねぇ。。。


IMG_5314.jpg
興奮気味のまま、更に奥へと進み、西面と南面を見学。
南面は他の壁と比べると全体に短めのラインが多いです。ここで何本か登ることにしました。


IMG_5388.jpg
お正月休みにはプラナンをひかえてるので、石灰岩の練習はしたいところ。
二子にも数回しか行ったことないし、実は花崗岩ばっかりで石灰岩クライミングってかなり経験値が少ないです。
そのせいか苦手意識もあったけど、むしろジムっぽい感じで普段のジムトレが活きてくる。
ホールドは"コルネ""ピンチ"ってイメージがあったけど、コルネに限らずとにかく形状多彩で面白い。そして壁全体も立体的でいろんなムーヴが次々と要求される。これははまりそうです。


IMG_5387.jpg
ちょっと肩慣らしを終えたところで、「お尚」7a+にMOSトライ。核心部でかなりパワーを使ってあやうかったですが、なんとか登れました。あー、楽しい!


この時期の奥多摩というと、そろそろガタガタ震えながらのクライミングを想像しますが、御前岩は東面も南面も日が当たっているととても暖かく快適でした。冬でも十分楽しく登れる岩場だと思います。

ただ注意点として、このエリアは中上級者向けです。
徳永さんは「外で5.11が安定してリードできるクライマー限定」と仰っていました。
岩が脆いということもあるし、実際初心者が簡単に登れるルートはひとつもありません。
まだこの1回しか行っていないし、自身が上の条件に当てはまるって自信をもっていえるかといったらあやしい。
でも今回感じたのは、それくらいの実力がないと決して楽しめる岩場ではありません。たとえTRでも楽しめないと思います。
どのルートも完成度が高くて、実力がないのにうんうん言いながらトライするのはもったいない感じです。ジムや他の岩場でしっかり経験をつんで、実力をつけてからきた方が絶対価値があります。
体感的には、「外で11台前半ならだいたいOSできるくらい」の実力と経験があったほうがいいと思います。

IMG_5284.jpg

岩場はアプローチ、休憩スペースなど、とても綺麗に整備されています。
私が行ったことのある海外の岩場といえば、ヨセミテは国立公園だし、イタリアのOrcoも国立公園内だったし、スコーミッシュのスポートエリアなんかもパークレンジャー的な人が管理していて、つまりどこも公的機関によって保たれているんだと思います。
日本ではそういう岩場ってほぼないですよね?
雑誌の記事やネットなどで情報を得るだけで、現場で生の"アクセス問題"を目の当たりにした経験はないし、実際どんな苦労や努力があるかなんて想像もつきません。でも、一般人のいわば有志がローカルで岩場を管理していくって、本当にものすごく大変なことなんだろうということ位は分かります。

だから私はいちクライマーとして、この岩場を再度登れるようにしてくれた方々に十分な敬意を払って、地元の人に敬意を払って、マナーを守って、そして一緒に岩場を守っていくお手伝いが少しでもできたらなと思います。


ここに書いた注意事項的なことは全てロクスノの記事にちゃんとまとまって示されていることですが、今回自分たちがちょっと理解不足だったり注意していただいた点もいくつかあったので、再度確認と反省の意味をこめて記事にまとめてみました。

(なにか間違っていることがあったら、おしえてください。奥多摩クライミング委員会のみなさま^^;)

IMG_5378.jpg

最後にドラゴンロックに戻って登りましたが、ここでも注意点が。
踏み跡はあるのですが、エレファントロック南面からドラゴンロックに直接行くことはできません。ロクスノの記事にもありますが、立ち入り禁止区域です。ドラゴンロックへ戻るには、また北西まわりで元来た道をピストンです。
この立ち入り禁止区域で落石を起こしたら大惨事になります。私たちは今回、誤って踏み入ってしまいました。
ということで、皆さんには釈迦に説法かも知れませんが、周知いたします。。



それにしても、魅力的すぎます、このエリア。
東京・埼玉のクライマーにとっては通いやすいし、よだれが止まらないですね。
次行ける日が待ち遠しい!

今シーズンの目標達成と、次なる目標決定。

PC090176.jpg
亜熱帯の楽園、伊豆城ヶ崎シーサイドエリア


先週末も大充実の外岩クライミングでした。
ここ数週で、天候の呪いにより失われた今年の秋のうっぷんは十分にはらされた気がします(笑)。

IMG_5225.jpg
いつもお世話になってます、「大重丸」さん。





土曜夜に都内で予定があったため、この週末は金曜日にお休みをもらって金土で城ヶ崎シーサイドに行きました。
私もペコマも狙いは同じ、「虎の穴」です。
私は2015〜2016の冬シーズンよりトライを開始しましたが、ペコマに至っては2011年からトライを続けている(そしてゴール前で何度も落とされている)因縁のルート。
2016〜2017の冬はアイスクライミングをしてたので、約二年ぶりにまた"愛しの人"との再会を果たしました。


PC090172.jpg
見事なハング、この岩のど真ん中をつらぬく圧倒的に美しいライン、ぱっ、ぱっ、と白く残るチョーク跡。全てがフォトジェニック!(笑)


しかし平日カードをきったというのに金曜日の予報は雨orz 更に岩場へ着いていざトライを開始すると、シーズン初めでホールドがものすごい潮気!!

IMG_5224.jpg

と前途多難に思われた初日でしたが、心配された雨もほんのすこし降ったたけで、翌日は朝からどぴーかん!
前日のムーヴ調整とお掃除、からの、早めあがり+温泉の体力回復、そして美味しい大重丸のご飯が効いて、翌土曜日の2便目に二人とも完登できました!


「この便で絶対きめる!」と意気込んではいたものの、本当に登れてしまって実感がわかず。
「登れたの?」とビレイヤーになんども確認してしまった(笑)。

こちらはペコマの完登動画。

ビレイヤーはダスパーカーでクライマーは裸(笑)。


PC090176.jpg
岩場からも大重丸はみえている。


IMG_5221.jpg
久しぶりだったけど、やはり大重丸のご飯はボリューム満点で美味しかった!ぷりっぷりの煮魚、新鮮なお刺身といかの酢味噌、かきフライにささみシソ巻きフライ、もつ煮込み。ご飯がすすむおかず盛りだくさんで、おひつの中のこれまた美味しい白米は当然空っぽに!


PC090171.jpg
ペコマの憧れルート、スプラッシュ!海に突き出した魅力的な球状ハング。シーサイドエリアの再奥です。奥へいくほど上級者向けになっていくこのエリアの特徴も面白いし好き。


PC090177.jpg
崩落の影響か・・。天気はいいのにクライマーはかなり少なめの印象でした。



帰りの特急踊り子号でプチ乾杯♪

IMG_5234.jpg
伊豆高原駅のおみやげ屋さんで見つけた、まさに今の私たちに「ぴったり」なお酒でした(笑)。


IMG_5241.jpg


土曜日の夜はクライマー忘年会パーティ!クライミング仲間で、若手ながらすでにイタリアンレストラン2店舗のシェフを任されている凄腕の友人のレストランへお邪魔してきました。夫婦そろって目標ルートを登れた日の夜がパーティって、なんて完璧なシナリオ(笑)。いいんでしょうか、こんなに幸せで。

A883CC32-6AA3-4CD0-A039-2FA73F7B7992.jpg
旧友と酒を飲み、美味しいものを食べる!楽しくて食べ過ぎたー!!


IMG_5237.jpg
BaseCampTokyo2階休憩室にはってあるミホウちゃんのポスターです。スランプに負けないでよかった!


でもこれは通過点です。先シーズンにムーヴをばらしていたからとはいえ、今季計5トライで登れてしまったルートは、もはや「限界グレード」とは言えないかも知れません。もっと上を目指さなきゃだし、目指したいよね。


IMG_5295.jpg


翌日曜日は、すこしお酒も残っていてなかなか起きられませんでしたが、近くの岩場へ・・ということで。最初は河又を予定していました。でも急遽予定変更して、最近ロクスノの記事で公開された「御前岩」へ行ってきました!


このスケールの大きい岩場で、また新たな目標に出会ってしまいました!💖


でもここはこれだけ凄いエリアながら、30年もの長い登攀禁止期間を経てやっとまた登れるようになった貴重な岩場。
クライマーひとりひとりの手で守っていかなければなりません。
次のブログで御前岩のレポします!

IMG_5239.jpg
I made it! Booyah!!

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属。国際認定山岳医。
好きな食べ物:肉。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2ブックマーク

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

カウンター