種蒔きの秋

上の廊下に行った後、9月はじめには赤石沢へも行って、楽しくゆるふわに夏を終えた。そして迎える外岩シーズン。


待ちに待った秋到来!と思いきや、日本在住クライマー周知の通りの悪天続きで私たちも例に漏れず翻弄され、それでも出来うる限りに花崗岩通いを続けて岩登りや焚き火をしてました。


主だった成果といえばカンマンボロン砂のエリアのEternal Wishというトラッドルートを登ったことくらい。

思えば私は2012年1月に城ヶ崎でパンピングアイアンIIを登って以来、外岩フェイスグレードの更新は未だになく、カリスマやら虎の穴やら触ってますが完登は出来ておらず、つまり5年弱くらい最高グレードが5.12b止まり。

私はリーチの問題もあってグレードは目安程度にしか捉えられないし、数字よりもいいルートとの巡り合わせ(恋心)を求めているのですごく拘ってるわけではないですが、それでも流石に今の自分のキャリアでこのグレードというのはそろそろ寂しい気がしてます。。


今年もカサメリのナイトディジーダンスを触ってみて、ムーブは出来ましたが繋げられてはいません。染み出しが多いルートを選んでしまったのは痛いですが、ムーブが面白くて純粋に登りたいと思える魅力のあるルートです。日本100選に入ってるんだから当たり前か。状態が良ければ手応えはあるので早めに回収したいです。


クラックに関しては、やはり自分の中に安定した「なにか」を感じつつあります。
EternalWishはトラッドですがかなりフェイス的ルートなので自分の中では「フェイス」の位置付け。


バベルの塔の三部作、とくに下部に共通の極悪ワイドをもつ美しい双子のクラック「ロプロス」と「ロデム」は、まさに出だし"鬼門"のワイドで悪戦苦闘させられたものの、上部5.11cパート、5.12aパートは問題なし。

ハンド、シンハンド、フィンガーに関しては、どこがどの位のサイズか、どこが良くてどこが悪いか、つまりはどこをがんばる必要があってどこでレスト出来プロテクションがとれるかということを一目見てだいたい分かるようになってきた。だからオンサイトもしやすくなったように思う。
そうは言ってもまだOSグレードは去年の5.11d止まりですが・・


というわけでいろいろやってみた割には成果らしい成果のなかったこの秋。
とくにフリーに関しては9月中旬に(あろうことかジムで)手首を痛めてから思い通りにいかないことが多くストレスも溜まった。そうしたもろもろのモヤモヤは来春にどかんと爆発させるとして、今秋はせっせと種蒔きをしたよい秋だったと締めくくろう!


昨冬はけっこう岩にいきましたが今冬はアルパインをがしがしやりたくてウズウズしてます。今週末から久々にやっと白くなりはじめたお山をたずねてみます(^^)






テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:フリークライミング  Trackback:0 comment:0 

身長とかリーチのこと。

すごく今更な感じもするけど、身長やリーチのお話です。




201605260847467fd.jpeg




これは先日の秋葉原での部活の写真です。
肉好きで肉ばっかり食べている私ですが、横には成長するものの縦にはいっこうに伸びませんね。


とはいっても、ここ数年は安定して155.2cmが出るようになりました。クライミング始めて最初の何年かまでは154.5cmだったのにです。リーチも最近調べてみたら、154.5cmから155cmになってました。
ストレッチや整体のおかげも多少あるとは思いますが、たぶん肉を沢山食べて幸せな日々を過ごさせてもらっているからだと思います。


ところで、クライマー界の巷でよく聞くフレーズとして対照的なふたつがあります。
「リーチがないから出来ない」というものと「リーチのせいにしない」というもの。
穿った見方をすると、どちらも「リーチがない中頑張っている」ということのアピールのように聞こえます。
リーチがない、は別に免罪符じゃないと思います。


世の多くのスポーツにおいてリーチがないことは不利だと思います。
体操とかフィギュアスケートとかは小さい方が良かったりもするのかな?でも圧倒的にリーチがないほうが不利というスポーツが多い気がします。小さいのに結果を出している人は、小さいなりの努力試行錯誤を積み重ねて目標を勝ち取った猛者だと思います。


でも、クライミングは面白いです。大きい方が有利な場面の方が多いですが、課題によっては小さい方が確実に有利になる場面があるんです。狭い課題とかそうだし、細かいのを持つ課題、あとクラックなんかもサイズによって大きくグレード感が変わってきます。
だから、数あるスポーツのなかでもクライミングに出会えたということはまさにチビにとって喜ぶべき幸運なことだと思うんです。


「リーチのせいにしない」って言葉論に戻りますが、同じクライミング能力を持ってて同じホールドに届かないのは、どうしたってリーチのせいなんだから、リーチのせいにしていいと思います。ただの表現の問題ですが、「私のリーチでは違う戦略が必要」と、そういうことではないでしょうか。
たとえムーブがより難しくなるために完登が困難になったとしても、それは不幸なことではないです。
登れなくて悔しいという発想のある人こそが強くなり、クライミングを継続するわけなので、悔しくて仕方ないのは当然なのですが、リーチを呪う必要はないはずです。
でかいことのなんたるか、小さいことのなんたるかが見えてくると面白くなります。
ついこの間も、ワイドクラックなんかでその違いを再認識し、萌えました。



最近よく耳にするフレーズのもうひとつは、「小さい人は強い人が多い」です。
ハイ、これはもしかしたらそうなのかも知れません。
小さい人は同じグレーディングの課題を登るにも、手数が増えたり、ホールドじゃないところを保持したり、足切ったり、スラブの何も無いところに数歩刻んだり、色々やって登ります。
強くないと話にならないんです。
だからある程度のレベルでクライミングを続けている小さい人はやはり上手くて強いということになるんじゃないでしょうか。



持論として、チビは

・身体が柔らかくて(可動域が大きくて)、
・細かいのを保持れて、
・飛べて、
・ピンピンでも動け

ないと使い物になりません。


勿論それだけじゃないけど小さいやつの武器はそういうところかなと思います。



あ、そうそう。
身長160cm台の男性とかが「リーチがなくて登れない」っていうやつ、あれヤバイです。
私は正直げんなりして、その人に対するそれ以上の興味が失せますが、中には激おこプンプン丸になる人も居ます(笑)。
世の中には規格外に小さくても頑張って登ってる女子とかいるので、言いたくなる気持ちはよく分かるんですが、あんまり大きな声では言わないほうが女子にモテるかなと思います。



20160526084748302.jpeg



ヨセミテビッグウォールまであと10日となりました。
3年前の苦い敗退以来、2度目の挑戦です。
昨日はスピードアセントの大御所ハンスさんのお話も聞きました。
「今シーズンヨセミテ行く人?レイズユアハンズ!」
で、はりきって手挙げたのに、二階に居る人はアウトオブ眼中だったようで全く相手にされず、一階に座ってた男性だけ注目されてDVD貰えてました。
いいなあ。一階に座ればよかった。


というわけで、
Actually, my heart has completely been over the sea.
文法合ってますか。



小さいことの不利。
なのか、ただ弱いだけなのか分からないけどやはり馬力はないです。
あと不利といえば、広いチムニーなんかも怖さ倍増だと思います。
でも、体重が軽いという利点があります。
つまり静荷重は小さいし、墜落時の衝撃荷重もいくらか小さいと思います。


ということで、荷揚げ荷物の重い前半はぺコマやまっちゃんがリード、荷物が軽くなり、かつマイクロナッツでのエイドパートが出てくる最終日は私がリードみたいな感じの戦略です。



一番の目標は、笑顔の絶えないクライミングをすることです。
ヨセミテである程度楽しめる程度にはメンタルもフィジカルも成長したと思うので・・・
確かめてきます!(ง •̀_•́)ง
テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:フリークライミング  Trackback:0 comment:0 

GWも花崗岩!

GW前半は湯川でまっちゃんとヨセミテトレ。
スペースホーリングとエイドの練習を(けっこう真面目に)やりました。
エイドはなかなかスピードが上がらず。要練習と実感。。
それにしても湯川って道場ですね。この、練習するしか無い!っていう環境がすばらしい。



13077015_1099266316811214_4592800754328429066_n.jpg
金のわらじ第一核心部


翌日以降はani、ane、ryuさんと合流して瑞牆へ!
中間は仕事でいったん都内に戻りましたが、後半また戻って瑞牆で4連登でした。
初日にエイドの練習をしようと心に決めたにもかかわらず、すこっしもやりませんでした。
反省!!!



GW前半のベースキャンプはおがーやまで、まっちゃんのダッチオーブン料理に舌鼓でしたが、後半は植樹祭に居ついて、またしても人の施しを受けて生きながらえてました。



「どこでも焚き火〜」があるのと、カサメリや不動沢で主に登っていたので薪も調達することができ、


13131220_817073621759372_7636246551420576955_o.jpg


毎晩焚き火宴会!・・・からの、



13102857_833820983388843_4704074370762080293_n.jpg

焚き火の横で、星空の下で就寝して朝日で起床!からの、



13166047_833821400055468_5933250609292254461_n.jpg



朝はaniが淹れてくれるコーヒーを飲み、aneが焼いてくれるパンケーキを頬張り、



201605111101256e1.jpeg

また迎える夜はくらぽんのシメイをがぶ飲み、



20160511112302dcc.jpeg



デザートにはryuさん監修のスモアにがっついて「まいう〜」ってな感じの贅沢な日々を過ごしてました。




13131303_817072141759520_6199125825736320614_o.jpg






クライミングも少しやりましたw

カサメリで久々のスポート、不動沢でクラックをよじよじ。


13217099_817072838426117_7144510348556264282_o.jpg
金のわらじ出だし


P5060150.jpg
屏風岩JECCルート



最終日はくらぽんとマルチ(?)へ!充実のGWでした。


P5080181.jpg
大面岩東面 パノラマックス核心ピッチ!



P5080186.jpg
パノラマーーックス!(このあと小面とくらぽんがフュージョン)



最後に、おまけ動画。




これ、わっるいね。5.12bくらいに感じました。


13131288_817073471759387_3179622646426273751_o.jpg




クラックはまだ去年の秋冬シーズンほどには心も身体も戻ってない感じでしたが、このGWでだいぶ感覚が戻ってきました。ヨセミテに向けて更にエンジンかけていきたいなっ!




13147307_817073691759365_1785708377488246383_o.jpg

みなさん楽しい休暇をありがとうございました〜☆


成果まとめ

<フェイス>
オリーブ5.11c RP
漁師の娘5.11c OS
金のわらじ5.12a RP

<クラック>
JECCルート5.11a RP
ポセイドン5.11a RP

テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:フリークライミング  Trackback:0 comment:0 

小川山 烏帽子岩 本峰 西面 ザ ラストリゾート

2016/4/3
青鬼のまっちゃんと小川山烏帽子岩本峰のザ・ラストリゾートを登りに行きました。

2011年に菊池敏之さんにより拓かれ、ロクスノで紹介された時は「クラックが70m続きアンカー含めオールナチュプロで登れるヨセミテ的なルート」ということだったので、機会があればいつか行きたいと思っていました。


今回、アプローチなどは榎戸さんの記事を参考にさせて頂きました。
http://www.climbing-net.com/news/小川山・烏帽子岩本峰・ラストリゾート-2/


烏帽子岩本峰までは増補改訂版の100岩を参照しアプローチ。
ここのアプローチは何も考えずに踏み跡を歩くと裏烏帽子に行きそうな気がします。
分岐から、大きく左へ折れて踏み跡を辿るとつきます。


20160411134529552.jpeg

この日はかなり寒く、アプローチもところどころ凍っていたし取り付きにも雪渓の残骸がありました。


20160411134707dc3.jpeg


取り付きは「森の天使」のすぐ左。同定できるか半信半疑だったけど、汚いスラブから左上のコーナークラックという記述を頼りに探したら割とすぐに見つかりました。
ギアはフィンガー〜フィスト2セット、ナッツ1セットで充分でした。ロープは60mシングルでオッケー。



20160411134534e6c.jpeg

1P目はまっちゃんリード。5.10aで30mです。出だしがちょっとワイルドでスリリング。プロテクションは見た目よりとれますが、ランナウト気味なので丁寧に登ります。


20160411135056e47.jpeg

左上のコーナークラックに乗り移れば一安心。あとはひたすら快適なジャミングを楽しめます。



20160411135057bdb.jpeg
1P目フォロー中。
下から見て想像していたよりも綺麗で硬い岩でした。



2P目はちっぺリード。5.10cで40mです。下のピッチより更に綺麗で硬いクラックが真っ直ぐ空に向かって伸びています!
20160411135330cf6.jpeg
ピリリとしびれるフィンガーセクションがこのピッチのハイライトかな。



20160411135328563.jpeg

最後は森の天使のラインに突入しながら岩タケの多いクラックを登りました。


終了点は森の天使と共通で、立派なのがあります。左(スキーヤーズレフト)寄りに降りていけば途中アンカーがあるので30m2回で快適に降りられました。


アプローチは長いですがクラックが好きな人なら楽しめると思います。ぽかぽかマルチ日和の日に行ったらかなり気持ちいいでしょう。


さて。この6月にヨセミテへ行くことになったので花崗岩トレをスタートしてます。
この次の週には裏烏帽子にも行きました。
後日このブログか尾根の向こうにレポートUPします!
テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:フリークライミング  Trackback:0 comment:0 

コンペ終了!

The North Face Cap 本戦はWomen Division 1で17位という結果でした。
2日目の準決勝にも残れたし、実力は出し切れたので充実しました。


DSC08283.jpg
次元が違う人も含め強強さんたちと同じステージでセッションできるのもコンペの醍醐味!


最近、ジムでも外でもムーヴの幅が広がって、1年前よりも安定感が増してきました。
ひとつひとつのムーヴのやり方が自分の中で確立して、なぜ出来るのか、なぜ出来ないのかが分かるようになってきたのが大きいです。ジムでも外でも、どんな課題も万遍なく対応できる力をこれからも鍛えていきたいです。


DSC08297.jpg



さて、次なる目標ですが、6月にヨセミテへ行くことになりました。
一昨年敗退したNoseのリベンジです。
先シーズンはクラック、とくに花崗岩でかなり自信をつけることが出来ました。
はやくあの花崗岩の大海原でそれを爆発させてくてたまらない!


DSC08332.jpg


・・でも、ビッグウォールで一番大切なのは馬力、スタミナ。
ユマールと荷揚げ、がんばります。ひ弱なチビはただのチビ。目指すはチビゴリラ!!


DSC08340.jpg
強いちびっこ、あわわと。


ということでついに乾いた岩シーズン突入ですね。
テンション鰻〜〜!
テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:フリークライミング  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属のゆるふわクライマー。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
カウンター