栂池、妙高で日帰りBC

3/18〜20の3連休に層雲峡でアイス収めをし、その翌週からは日帰りBCスキーに行ってました。


2017/3/25 は栂池高原スキー場から白馬乗鞍へ。


IMG_1403.jpg
あぢーーー・・


降雪後で、この日の天気はどがつくピーカン!眺めも最高でThe Dayかと思われましたが・・・



IMG_1348.jpg
早朝から日射がやばい!!



IMG_1353.jpg
11時半ころ、白馬乗鞍山頂着!!360度の大パノラマ!・・だけどね。


IMG_1358.jpg
ゆ、雪が重い〜〜!

天狗原まではまだいくらか柔らかい深雪を楽しめたものの、天狗原から下はすでにギッタギタ!

傾斜が強い所はほぼ直滑降でないと埋まってしまう。
重い雪に足をとられ、深く刻まれたトレースに四苦八苦しながらどうにかこうにか下降。そしてゲレンデの圧雪バーンに入ったときの安心感といったら・・・!orz(ちょっとせつない)


IMG_1363 2
スキーは不慣れだしあっという間にどこいっちゃうか分からないのでGPS(スマホ無料アプリ)活用してます。


IMG_1413.jpg
翌日は夕方から仕事だったので、ホテルグリーンプラザに泊まって午前だけ滑って帰りました。



そして翌週も日曜仕事の土曜日帰り。
かつ4/1は南岸のせいで太平洋側の天気が全滅だったため、妙高に行こうという事になりました。


P4010083.jpg
この日はスキーヤーはほとんど入ってませんでした。
静かで美しいブナ林の中を登って行きます。


P4010094.jpg
前山で女性単独スキーヤーとおしゃべり。強そうでかっこ良かった。行ける所までスキー履いて行けばって言われたけど、私たちはスキー初心者!シール歩行も下手なので急斜面のジグとかで手間取って時間がかかる。むしろつぼのほうが早い位??
っていうか、つぼなら怖いもの無し!(笑)
ということで前山にスキーをデポして百名山ハントに出発〜!


P4010102.jpg
しかし最初のこぶを越え間もなくしてスキーを置いて来た事を後悔しはじめる。なんなんだこの気持ちよさそうな斜面は・・!


P4010119.jpg
地上から見ると雲の中だった山頂。しかし雲の上へ出ると別世界だった。青空と、見渡す限りの雲海!


P4010107.jpg
前山から尾根伝いに歩くと途中で夏道に合流。ジャンクションから妙高山頂までは夏のコースタイムで約2時間です。この日もくるぶし〜膝程度のラッセルはあったものの、概ね2時間ほどで到着。


P4010133.jpg
最後は八ヶ岳を思わせるポコポコガバ系の岩も出て来てひと登り。山頂からのパノラマは最高!来て良かった〜!



P4010144.jpg
少し休憩して13時半頃下山開始。途中、オープンバーンで小規模な雪崩が発生してました。ひとりずつ急いで通過します。


P4010146.jpg
しかし午前よりガスが濃くなって来て、行きに雲の上だった2100m付近から早くも当たり一面真っ白けになってしまいました。前山のデポ地点も真っ白!ここから右の尾根を落として行きます。



P4010161.jpg

真っ白で何んにも見えないけどね!!


標高1600から下は尾根の南側に急峻な沢があらわれるので、こちらの沢に入ってしまわないよう気をつけつつスキーヤーズレフトに落としていく。しかし真っ白すぎて数メートル先の斜面の傾斜すら分かりません。


少し降りては方角を確かめ、ってやっていたのに、気がつくと傾斜がかなりきつくなり行き詰まる。。


P4010150.jpg
どうやら左へ落とし過ぎたようで、北側の沢に入っていると思われました。地形図からは、右の尾根にあがらないとこの先苦労すること間違い無し。右の尾根へあがりなおすためここからひたすらトラバースです。

で、薮をこいだり、、


P4010153.jpg
ほとんどバーチカル(笑)な雪壁を降りたら雪が崩れて、さっきまで居た所に巨大シュルントが現れたり(笑)


P4010167.jpg
標高1200mを過ぎてスキー場の音楽が近くに聞こえる様になってくるとやっと視界が出てきたものの、今度は岩の様に硬いバーンで辟易。先行者のトレースが特に硬く凍っており、思わぬ反発でひっくり返りそうになります。
誰も居なくなったスキー場に入り、またも圧雪バーンの優しさが身にしみる。駐車場に着く頃には16時半をまわっており、雪がちらついていました。朝は快晴だったのにね!

IMG_1466 2
前山からの滑降のトラッキング。もっと尾根筋を忠実に南東に落としたかったのだけど、開始早々かなり急なバーンにはいりこんでますね。トラバースを終えてからはまあまあいい感じに落とせました。視界ゼロで爽快感はなかったけど!
スキーも奥が深くて楽しいです。


冬は楽しいことが多すぎ!

山に行ってはいけない病気

先週は水曜日から学会で京都に行っていました。
水曜日にポスターを貼り、木曜日に発表し、金曜日にポスターを剥がして学会は終了。
その間、きっちり肉のお店(&その他おいしいもの♡)もチェックしてきました!(後日肉部の報告でまとめてうpします)


IMG_5083.jpg
モリタ屋四条猪熊本店の和牛サーロイン


IMG_5088.jpg 
錦もちつき屋のつきたてあべ川餅



IMG_5124.jpg 
肉専科はふう本店の極上カツサンド





IMG_5189.jpg 
焼肉の名門天壇 祇園本店ロイヤルフロアにて50周年特別限定コースの和牛ステーキ



そんなこんなで食い倒れの旅を続けていたら・・・





ホントに倒れましたorz



なんと3日目からまさかの胃腸炎発症!

京都で飲み食いし
た美味しい物があれよあれよと出て行きます!!!(((゚Д゚;;;)))




そこから地獄の数日間がはじまりました・・。

飲めばピー、食べればゴロゴロ・・




お肉もスイーツもお酒も、大好きだったはずのものが少しも食べたいと思わない。そして食べたら出る。みるみる減って行く体重(そのほとんどが恐らく育てた筋肉orz)。
心底思いました。



ああ、つまらない。

ご飯がおいしくない人生って、すっごくつまらない!



DSC07211.jpg 
木屋町通の桜



そんな状態で何とか鉄道を乗り継ぎ土曜日の午後に帰宅。

水もエネルギーも枯渇した状態で半信半疑のまま車に乗り込み、雨の土曜日とはうってかわって絶好の晴天を迎えた日曜日に、もともとの予定を強行する形で八方尾根へと向かったのでした。



登山の基本っていろいろ言われるけど、食べ物についてもはや常識なのは適切な水分とカロリー補給。

でも、飲めばピー、食べればゴロゴロ・・。

(で、ジャーーーー。)



飲めないし食べられないんです!

最も山に行ってはいけない状態ですね。

最初は無理しない、とりあえず車に乗る位の気持ちでした。

でもだがしかし、信濃大町から見えたのは後立山連峰の大パノラマ!!奇跡の青空だとそう思いました。

これは、我慢できるわけないですよ!!ね!!!


P4120037.jpg 
はえかわりちゅう。


結論から言うと、やはり行くべきではなかった。でも行って良かった。

いや、やはり行くべきだったのかも知れません。だから行って良かった!



P4120054.jpg 
五竜!!!





P4120044.jpg 
その向こうは鹿島槍!!






P4120086.jpg 
剱ーー!!!




P4120099.jpg 
ひゃっっほお〜〜〜〜〜う!!










P4120105.jpg
 P4120128.jpg 
yeahhhhh !!!








すごく辛くて苦しかったような気がします。
お腹は痛いし常に気を引き締めて"きゅっ!"としておかないともれちゃうし。あ、ため息が、ね。

でも降りて来たらそんなのぜんぶ忘れちゃうよね!







先日の谷川とくらべると雪質は柔らかいザラメでとても滑り易かったです。
地形を読みながらほとんどスキーを脱がずに降りられたのも良かった。
途中、クラックとクラックの間をトラバースで滑り抜けたり、ちょっとした冒険気分も味わえました。
きもちよーく広いバーンで飛ばしてたら固いデブリにはじかれて2回転くらいしたり。
山スキーたのしいなあ。つわものスキーヤーの滑りも見られました。つわものになりたいなあ。



ということで、今回は2600mまで高度をあげました。

これが意味あるのかどうか分からないけど、スキーは楽しかったから良し。

来週は富士山、山頂付近でテン泊の予定です。


GWチンボラソが目前だー!!








お次は高所、そして岩。

P3290018.jpg
谷川岳天神尾根を山頂へ向けハイクアップ


桜が花開くほどに春めいた今日この頃。
もうすっかり冬は終わったみたいです。


P3290059.jpg
山頂げっと!



今冬はいろんなことをしました。
まずはスキー。
今期一番の成果はなんといってもスキーでした。
レッスンを受け、体でも頭でもやっと滑り方が理解できました。
まだコブには対応出来ないけど、重心やターン、いい滑りをするためのキーワードなどとても沢山のことを学びました。


P3290075.jpg
やっほ〜〜〜!なバーン


昨日はバックカントリーに行ってきましたが、荷物を背負った状態で少し悪い雪にも対応でき、去年までの自分とは明らかに違うと実感しました。何より山で滑っていても心に余裕がありました。
スキー自体は1ヶ月ぶりでしたが感覚もすぐ戻りました。幾つかのキーワードをたよりに頭→体といったかんじで滑り方を思い出せるので、イメトレさえ続けていればもう忘れる事はなさそう。
来シーズンはもっともっとスキーが楽しめそうで、わくわくさんです!


P3290096.jpg


そして今冬一番のニュースといえば、青鬼で登った氷瀑。
初登です。近々雑誌に投稿されます。
これに備えて何度かアイスゲレンデに通い、ほんのすこしだけどステップアップも感じました。
やっぱり山は楽しいです。


その後はボルダーに専念しました。The North Face Capの本戦へ向けて、山仕様になった身体を急ピッチで絞り、女性3クラスの真ん中でなんとか3位入賞。結果は不本意ながら、ボルダー力も上がったと思います。
やっぱりボルダーも楽しいです(笑)。


さて。
そのコンペも終わって、これからは次の計画へ向け準備を開始!
GWは「6000m峰に登る」という目標をとりあえず達成するため、南米エクアドルの6000m峰、チンボラソに行く事にしました。
それに向け4月は高所順応を兼ねたスキー山行を計画。
海外渡航申請が一番の核心(首都のキトが少々危ないところらしいので・・)でしたがなんとかクリアし、あとは登山を楽しむのみ!




そしてGWが終わったら、つぎは花崗岩スペシャルの予定です。
秋にあの憧れの彼と、立派に成長した姿で再会するため。
30歳は一皮も二皮も剥けてやるぜっ!


がんばるぞー!

P3290119.jpg

春が来た

ということで、冬山仕様からフリー仕様にモデルチェンジ中です。


毎年のことなのでもう慣れましたが、やはり移行期は一番辛い。
体重が重い上に筋肉の使い方も変わるのでフリーがとにかく辛い。
でもやっと辛い時期を脱しました。
今年は例年より長くかかったような印象?


でもジムでトライしてた同じ課題も高度が上がり、この間の塩原の「千」も高度が上がった。
神経系メモリーと筋肉メモリーは無事読み込まれ、更に少し成長も感じられるので俄然楽しい。
そして体重もまるで昨年のメモリーを読み込んだかのように激減。
リバウンドしそうで怖いけど、心と身体がフリーモードになっている間は増量しないのも毎年経験済み。


でもいつもと違うのは、今年はスキーをやっているということ。
山のバリエーションは5.10台では安定して落ちず、5.11をゲレンデで登れるくらいの力が出来てから行きたいもの。
ま、私は到底そんな実力のないうちからバンバン山に入っていましたが、今となれば危なっかしいです。
スキーに関しても同じ事が言える気がしてならず、今はまだゲレンデでの練習が中心。


この間は蔵王に行ってゲレンデトップから”オフピステ”?(道標もトレースもばっちりすぎてバックカントリーというにははばかられた)にデビューを果たしたものの、強風、アイゼン出したくなるようなクラストした急斜面、固く深いシュカブラ、などなど、普段の山行では当たり前のはずの様々な冬山要素がとても恐ろしかった。


最後の方はシールが効かなくなって来て滑るし、風でスキー走り出すし、アイゼン持ってないし。。
んで山頂直下の斜面も斜度はそこまでではないながら、シュカブラででこぼこした固い雪面を、左手につきでてる巨大雪庇に突っ込まないよう滑らねばならず緊張しました。ゲレンデの一歩外は冒険の世界でした。まだまだ未熟者の私たちにとっては。。


そんなわけでゲレンデでの練習も重視してます。
でももちろん私たちは山が目的なので、勘が鈍らないよう最低でも月1で山に入りたい。
これからの週末は土曜フリー、日曜スキーってパターンが多くなりそう。で、泊まりのスキー山行も!
この間の練習ではかなりターンの感覚をつかめ、スピードが楽しくてたまらず。モチはフリー並みにうなぎ登り!
そしてしつこくうってる塩原の「千」ですが、先週今シーズン1発めで身体びっくり、んで一昨日の午後にやっと先シーズンまでのパフォーマンスに戻り、核心ガバタッチという最高高度まで行けました。こっちも俄然!鰻!!

今週末は塩原と鳥海山かなあ〜。

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属。国際認定山岳医。
好きな食べ物:肉。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

FC2ブックマーク

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

カウンター