2017/4/22~23 剣岳 早月尾根

GWの偵察を兼ねて早月尾根に行ってきました!
馬場島側は無雪期も含めて今回がはじめてです。


IMG_1743.jpg

登山申請は(20日前には間に合わなかったけど)何とか出して、この週末の分とGWの分とどちらも受理して貰えました。
ワクワクさんです!早くも心は連休ムード♪


前夜は長い長いドライブでした。分かっちゃいたけど普通の週末で来るのは大変!運転時間の方が長いなんてこともあるかも?帰りが思いやられるな〜。
しかも関越に乗ってから、「GWまでゲートがあかない」という情報を入手!林道歩きのおまけもついた〜〜!(タダの情報収集不足)


日付が変わる頃到着すると、ゲートの更に手前から通行止めになっています。カーナビによれば馬場島まで8kmの行程追加。プラス2時間が見込まれます。でも睡眠時間も確保したいし急ぐ理由も無いので、5時起床6時出発にしました。


久しぶりに車のう◯こ(※車の脇でシュラフにくるまって野宿するスタイルのこと)になって、満天の星空の下で眠りにつきます。しかし夜中に雨で起きました。寝ぼけながらテントをかぶって就寝。にわか雨ですぐやんだからよかった。

林道歩きは車にたまたまのってたトレランシューズを使い、馬場島にデポする事にしました。1時間半で登山口到着。
登山道に入ると、しょっぱなから早速の急登です。だだっ広い松尾平を過ぎるとまた急登が再開し、その後延々急傾斜が続きます。
疲れるけど、今日の行程は標高差1500mもあるので、ダラダラ登るよりいいです。グングン高度を稼いで、馬場島から5時間弱で早月小屋に着きました。


IMG_1714.jpg
今から山頂に行くのも微妙な時間帯だったので、ここで幕営することにして、暇つぶしに穴を掘りました。本当は雪洞のなかにテントをはるつもりだったけどあまりに難儀だったから諦めて、こんな中途半端な風よけになりました。でもサイズはぴったりですぽっとハマってていい感じです。明日テントがとばなければそれでいいんです。


IMG_1716.jpg
丁度いいタイミングというか、お昼から好天するはずの天候がどんどん怪しくなってきて、濃いガスが立ちこめてきました。でも時たま暖かい光線を感じることもあり、どこかに太陽がいるということは分かります。ペコマがせっせと2人がけソファ席にサイドテーブルまで作ってくれたので、とりあえず飲むかってなりました。


IMG_1718.jpg
天然クーラーで青鬼を冷やしながらジャーキーをつまむ幸せなひととき。辺り一面真っ白で何も見えないけど幸せなのです。


しかしビールが1本空く頃にはどんどん気温が下がり、風雪も強まって来たのでテントに撤退。その後は雨なんだか湿雪なんだか、ほぼ雨といっていい天候になりました。夕方になっても一向に弱まる気配はなく、フライのないテントの布地を染みて来た水がしたたってテント内は水たまりです。中途半端な雪の屋根がほんの少しだけ雨漏りを防いでくれました。

そんな愉快なディナーを愉しみつつ、18時過ぎには眠りにつきました。


0時頃、一度目が覚めました。雨音は止み、辺りは水を打ったような静けさに包まれています。ヘッデンをつけずにテントを出ると、目の前に飛び込んできた宝石のような煌めきに思わず嘆息しました。光り輝やく富山市内の夜景が漆黒にぽっかりと浮かんでいます。いつの間にかガスも消え、完全な無風、静謐。頭上を見上げれば凍てつく空気の向こうに無数の星が瞬いていました。
胸いっぱいになってテントに戻り、夏用シュラフにくるまって放射冷却に震えながらうとうと。気付けば2時間が経っていました。


朝は時間のかからない乾燥パスタとスープ、パン。テント撤収も無いので1時間で出発するはずが、結局3時半過ぎになってしまいました。山頂でご来光、間に合うかな?



IMG_1726.jpg
しかも日の出は5時半だと思ってたら5時だったみたい。いつの間にそんなに日が延びたのね。
黒々と屹立する剱尾根にも少しずつ色がついてきました。


IMG_1729.jpg
山々が一日で1番美しく萌える刻です。



IMG_1732.jpg
剱にいるとは思えない雲ひとつない晴天のなか、壮絶なモルゲンロートを二人じめです!


IMG_1734.jpg
あまりペースを上げられず、結局山頂到着は日の出から1時間を過ぎた6時。山頂まで1時間半を見積もっていたというペコマに「遅いね!」となじられてしまった。反省!



IMG_1735.jpg

実は先週から写真が少なく、かつ微妙な写真しかないのはカメラが壊れたからです。オリンパスのToughシリーズのカメラ3台目がまたしても壊れました。2台目は赤石沢で流されたので仕方ないとしても、1台目と3台目は勝手に電池ボックスが開いてて気付いたら浸水してたのが原因です。寒いとすぐ死んだフリするし、次からはtoughシリーズにこだわるのはやめて軽さ重視のカメラにしようと思います。


春山といってもやはり稜線上は15m/s程度の強風なので、手袋を外してのスマホ撮影は一苦労。タッチペンがあるといいのかもね。買わないけどね。


IMG_1748.jpg
今回の目的は山頂から早月尾根上部にかけての難所の下見でした。GWにはここを暗い中通過する可能性があるので、予めルートの状態などを確認しておきたかったんです。夏に来たことがないから分からないけど、きっと夏は鎖場なんだろうなと思うような胸に迫る堅雪壁をダガーポジションで登ったり、軽い岩登りがあったりします。帰りはクライムダウンとラペルでした。残置スリングも探すと色々あります。


8時ころテンバについて出すもの出して、テント撤収。8時半頃には出発したのでしょうか。よく覚えてませんが、早く帰ってビールを飲みたいという不純な動機のもと、急いでおりました。でも標高1600mより上の雪は日射の割に意外と緩んでなくて、アイゼンがいちいちロックするので疲れました。
途中からだましだまし、アイゼンを手に持ってつぼグリセード、堅くて急になってきたら装着という小賢しいやり方で省エネし、最後はアイゼンをしまってひたすらグリセード滑降。上手い人はザングツでパラレルターンするそうですが私にはボーゲンが限界です。


IMG_1757.jpg

馬場島に着いたのは11時。テンバから2時間半くらいでした。
そこらからスニーカーに履き替えての林道歩きも地味に疲れる。でもアルペンルートの喧騒とうって変わった牧歌的な風景で、途中振り返ればヨーロッパアルプスを彷彿とさせるような雄大な剱岳を拝むことができるのはとてもいいです。
行きは1時間半だったのに帰りは2時間近くかかりました。でもひどい渋滞にも巻き込まれず、無事に早く帰ってビールが飲めたので任務完遂です!


GWも天気の神様に優しくしてもらえるといいなあ。

テーマ : ウィンタースポーツ
ジャンル : スポーツ

Tag:冬登山  Trackback:0 comment:0 

白く気高い3000mの稜線へ

2月後半は長いおやすみをもらって、ペコマ企画で南アルプス南部の縦走へ。


P2190072.jpg
雄大な赤石岳。


高校時代から本格的に山をはじめ明大山岳部で鍛え上げられた経験豊富なリヒトくん(青鬼メンバー)をはじめてパーティに加えて3人での登山!
彼とは彼が大学1年生の時からの知り合いだが、一緒に登るのはこれがはじめてだ。


P2190095.jpg
快晴の荒川岳山頂にて。


light&fastを主戦略として登攀系登山へと足早にステップアップしていった私たちは、雪稜歩きや冬期の縦走の経験が極端に少ない。重荷をかついで歩くことも今となっては余りない。
私も、重荷の歩荷や周りの人より早く歩く事だけに命をかけていた学生時代と比べると、本当に体力が落ちてしまった。


P2190100.jpg
千枚岳と富士山。


今年は雪不足暖冬と嘆かれているが、南アルプスの3000mの稜線はどんな世界だろう?
6泊かけて荒川岳、赤石岳、聖岳、上河内岳、光岳と縦走していく計画で、2/18に入山した。


入山2日目までは好天で順調に荒川岳に登頂。
しかし入山3日目に予報通り接近する強力な低気圧につかまった。


P2210131.jpg
クラストした斜面のトラバース。



その日の朝、赤石岳へ向け一時前進するも、荒川中岳を越えた辺りから強い南風に阻まれていよいよ前進不能に。
撤退し、天候が本格的に荒れはじめる予報の午後まで行動するかどうかをもう一度再検討する。
結局3000mの稜線上の避難小屋に停滞を決めたのだが、それが正解だった。
その後数時間もしないうちに稜線上は突風吹き荒れるホワイトアウトの世界と化した。
その激変ぶりに驚かされると同時に、興奮する。
すごい。これが厳冬期の3000mの世界か。
もしあの後前進していたら、今頃稜線で捕まって前後不覚に・・・


P2210145.jpg
いえ〜〜〜〜い!!


しかしこの低気圧が通過すれば日本列島はやがて冬型となり、寒冷前線の影響がなくなれば南アルプスは穏やかさを取り戻していくだろう。
しかし北アルプスは?
と思うと、身震いする。
この荒々しい姿を一目見たくて、私はここへ来たのかも知れない。


全体を通して、自分の力不足が気になった。
軽い荷で出来るはずのことが思う様に出来ない、歩荷力の低さ。
硬くクラストした斜面での基礎的なアイゼンワーク。
いい面も色々あった。
出来うる限りの軽量化。
食料計画や装備の使用、選択。
天候判断、チームワーク。


R0021527.jpg
突風でなんども足をとられた。


美しい冬山の懐に飛び込んで、避難小屋という守られた場所での疑似体験ではあったけれど、猛威を振るう山の姿を目の当たりに出来た。そして経験豊富なメンバーからも沢山の学びを得られた。
赤石までも到達出来ずピストン下山となってしまったが、この5日間はとても充実していた。


自分は本当にちっぽけだ。
滑稽にじたばたしているだけで、何にも出来てない。
それでもやっぱり山が好きで、それも冬の山が好きだ。
努力も足りないし、センスもないし、もう何年もやっている割になかなか高い所には行けそうもない。
それでもやっぱり諦められない。やめられない。
そう思える間は頑張って登り続けよう。
一番楽しい瞬間は、やっぱり山の上にあるんだなあ。

P2210199.jpg
で、さいごは(なぜか?)焚き火!
テーマ : ウィンタースポーツ
ジャンル : スポーツ

Tag:冬登山  Trackback:0 comment:0 

空木岳に登った

12/12〜13で空木岳に行きました。
前日の金曜日は気温が上がってがっつり雨。雪なんか無いんじゃないかとハラハラ。
きけば赤岳鉱泉も雪無しだと言うし、標高を考えたら空木も大概です´д` ;
12月なのに由々しき事態だね!


20151215122842c8b.jpeg
テンション鰻!?雪ないけど!!


林道の途中のゲートが閉まってたので30分くらい歩いて登山口へ。


201512151228454c8.jpeg

林道と登山道の位置関係はところどころ地形図(うぉっちず)と違ってました。


20151215122849aee.jpeg


暑くてどんどん脱衣しながら雪のない登山道をてくてく。
池山山頂にあがるコースとまくコースがあったけど、急峻だからまきましたー!


201512151228507e0.jpeg


池山避難小屋の分岐でふんだんな水量を誇る水場にぶつかる。
こりゃ、山頂付近でも水作りは厳しそう^^;
仕方なくひとり3Lの水を歩荷することにしました。


201512151228513f9.jpeg

ほどなくして"地獄"とよばれる危険地帯に突入。わくわくさんかな?



20151215124613e8e.jpeg

中央アルプスの他の山々もあんまり白くないですねー。


201512151246180d4.jpeg

これが大地獄?ここら辺から道にところどころ雪が残り、一部凍結している場所も。まるで春山!



201512151246205a8.jpeg


おっ!?雪が出てきたぞ!よく見ると私たちの前に男女2人パーティと思われる新しい足跡も発見!ペコマは「ラッセル楽しみにしてたのに・・」と残念そう。


2015121512462142b.jpeg

でも途中で前方のパーティに追いつき、ラッセルを交代することになりました。ペコマは張り切ってダッシュ!
8時くらいに車を出発し、14時頃空木平避難小屋に到着〜!今日はここで幕営します。
ゆるふわ〜!!


201512151246225f1.jpeg

空木平避難小屋は建て直されたばかりだそうでピカピカ!トイレもあって超快適でした。
ペコマはビール4缶を、チッペはワインと梅酒を歩荷してます。宴会だー!


2015121512552190a.jpeg
明るいうちから乾杯!!


201512151255248ee.jpeg

そして鍋ですが、これが何鍋か分かったらスゴイ・・。
キャベツがせん切りだけど、もつ鍋です!でもキャベツは絶対せん切りじゃないほうがいいよ!


2015121512552934b.jpeg


超早寝したし、翌日の天気が悪くなるようだったので翌朝は5時すぎくらいにアタック開始しました。
空木平避難小屋から駒峰ヒュッテまでコンパスの度数を合わせ、視界がきかない中沢沿いを何となく前進。


20151215125531742.jpeg

なんとなく駒峰ヒュッテにつきました。山頂まであと少し!


201512151255303d1.jpeg
登頂〜〜!ゆるふわ!!



201512151303042b4.jpeg

本当の山頂にもちゃんと登りました!


20151215130306063.jpeg

昨晩から今朝にかけて降ったようです。だいぶ冬っぽくなったね!


20151215130309962.jpeg

地獄さんも行きに比べるとだいぶ白くなりました。終始ゆるふわな感じで昼前に下山。
次はもっとラッセルできるかなー!





テーマ : ウィンタースポーツ
ジャンル : スポーツ

Tag:冬登山  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属のゆるふわクライマー。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
カウンター