蜘蛛の糸RP!

小川山2峰の蜘蛛の糸(5.11c)を登りましたー!


IMGP0946_2.jpg



通算2日4便(うちTR1便)でした。
核心部のムーヴ強度や最後のウィニングランっぷりを比較するとやはりイムジン河より登りやすい感じかな。
でも先週触ってムーヴ解決した時、オリジナル蜘蛛の糸は次で登れそうだなという実感はあった。
それよりも、この美しいダブルクラックが走ったフェイスにどどんと打たれた2本のボルト。
ここにボルトありきなのがよく考えてみれば不思議だった。

でももしオリジナルラインで蜘蛛糸を登るならこのボルトは使った方がいい。
トラバースの途中で左のクラックにプロテクションセットも可能だけど、あえてボルトを使わない理由が無い。
だけどもっと下部で蜘蛛糸のクラックに乗り移り、そこからクライミングすれば話は別だ。
だから蜘蛛糸RPはうれしかったけど気を抜かず、続けてボルト無しver.も是非RPしたいと思った。


IMGP0960.jpg



蜘蛛糸クラック下部は見た目以上に殆ど触られておらず、結構緊張した。
最終的にムーヴ・プロテクションは解決したけど、最後のほうはかなり暑くてぬめりもひどかったしジャムしすぎで足も痛くて、結局RP便で敗退したあとは繋げられずに終わった。


蜘蛛糸RP便のあとも変わらず集中力、気合が持続していたか?というとそうではない。
明らかにちょっとトーンダウンしてたと思う。
結局ボルトなしver.を今日繋げるのはキビシイかな、と思ってしまった自分がいた。
でも、これがビッグウォールの壁の中だったらどうだろう。
「やめた」とかそういうのはない。やるしかないのだ。
もっとフィジカルもメンタルも鍛えないとな、と思った(ま、出来なければエイドで抜けるだけだけど・・)。


蜘蛛糸クラック下部はジャムテクとかプロテクションセット能力のもっと高い人ならたぶん割とサクサク登れるんじゃないかと思う。蜘蛛糸だけだとほとんどフィンガーとか使わないけど、ここはワンポイントで悪いフィンガーとかあって痺れた。下部がこっちのクラックに変わった分、グレードもきっと上がると思う。それでもイムジンと同じくらいかな?といった体感でした(まだイムジンもRPしてませんが・・)。
またこれだけをやりに2峰に行くかはちょっと分かんないけど、機会があったら是非やりたい。きっと充実すると思います。。


今日は青鬼の高気圧ガールと2峰おでぇとという贅沢な時間を満喫しました!
同じ方向を向いていて同じ年代のしかも同性なんてこの世にはそうそう居ません。この出会い、青鬼に感謝!
小川山は新緑が燃え上がってて今梅雨前最後の絶好のデート日和ですよ〜


今日はとっても楽しかった!
もっともっと充実感と成功体験を積み重ねたいな。
そしてもっと青鬼メンバーと一緒に登りたい!


三浦さんもエベレストに登った事だし、80になっても青鬼メンバーで山行きたいですね☆
テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:フリークライミング  Trackback:0 comment:0 

GWまとめ

ボルダーにフェイスにクラックに登山とよく登らせてもらいました!


ボルダーに時間をかけすぎた感あり、クラックが思っていたより出来ませんでしたが、これからの小川山通いで蒔いた種を収穫していこうと思います。



IMGP0808.jpg

家族登山!次は富士山に挑戦です!



完登

・忘却の河(2段)
・ノーリターン(5.10c)3RP


P4290219.jpg
空中決戦。5峰は正に空中庭園といった感じの気持のいい場所でした!


未完登

・バナナクラック:TR便のみ。まだリードトライは実力不足と実感。
・空中決戦(5.12a):3便出してRPならず。機会があればまた行きたい。けど5峰遠い。
・イムジン河(5.11c/d):3便出してRPならず。思っていたより随分楽しいルート。


IMGP0877.jpg
イムジン河。2便出してムーヴ探りとプロテクションを決め、3便目で本気トライ。
核心を超えるも最後のガバレイバック部分のプロテクションでまごつき、ヨレ落ちorz
この便でムーヴもプロテクションも全て固めたので次は行けそう。
ちなみにナッツを使わず、エイリアンとC3、C4の#3までの1セットで登れました。
よくフェイス的と言われますが、核心部はガチフィンガーでシビれます。



来週は仕事ってのが切ないですが、再来週から小川山・ミズガキ通いスタートです。
今年の秋にヨセミテへ行けると信じて頑張ります!
テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:フリークライミング  Trackback:0 comment:0 

忘却の河を登った。

やっと初の2段を登りました!
ジムっぽい要素と外岩的要素がミックスした面白い課題だと思います。
グレードの割に登りやすいと思うので、最初の2段何を狙おう?って思ってる方にはオススメです。





つなげると最後のマントルで何度もヨレ落ちてたのですが、最後の最後になって「このムーヴって結構なパワームーヴなのでは?」と気付き、左足で立ちこむスタンスを1個遠いスタンスに変えることにし、変えた後の1便目で登れました。トラバース最後のガバ取りのムーヴと最後のマントルがヒールでないことが過半数の男性ムーヴと違う点かな。他は全て男性と同じムーヴ、ホールドだと思います。


これで自分の中のボルダーもやもや課題が一応片付いた。
今年の秋のヨセミテへ向け、これでやっとクラックに集中できます。
GW後半は登れる日は少ないけど何か成果出せるといいな。

テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:フリークライミング  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属のゆるふわクライマー。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
カウンター