初段ボルダー課題まとめ

先日瑞牆でフリークエント・フライヤーズを登り、外岩ボルダー初段RPが通算10個になった。

外ボルはマルチなどの隙間時間や朝練でも気軽にとりつけるので触る機会は多い反面、リードやマルチ、登山と比べるとそのムーヴ強度、体(筋肉?指?)にかかる負荷は格段に高く、こと難しい課題を落とそうと思ったら本気で時間や体力を裂かなければならない。

そして、ボルトや残置で加工されたラインでないありのままの岩を登るという点で、より理想的なクライミングスタイルに近いとも言える。だから単なる遊びとしてでなく、自分にとっても重要なトレーニングの一環だと思っている。

だからこそよりかっこよく、より質の高い課題にこれからも挑戦して行きたいなと思う。

ということで、これまでに登った1D課題まとめ。

2010年9月 小川山 「神の瞳」
これはさすがにちょっと初段とは言い難い・・。忍者返しやエイハブ船長よりも先に登れました。ムーヴ限定がある場合は初登者がちゃんと示す義務があると思うけど、もし1人でトライしてたらそもそも他のムーヴがあるなんてこと自体思いつかないってこともあるんだろうし、開拓って複数人で登る方がより理想なんじゃないかな、と個人的に思う。

2011年1月 具志頭 「チョックストーンアタック」

外岩でルーフ、しかもこのくらいのグレードってなかなかないよね。体重マックスな沖縄ライフ中に通いに通って落とした思い出深い好課題!

2011年4月 御岳 「ソフトトラバース」
御岳では初段課題1つも触ってないと思ってた。記憶に残っておらず、尾根の向こうの記録に残っていて思い出した課題。この頃はまだいわゆるお買い得課題を落としてわーいって喜んでたなあ。

2011年11月 小川山「グロバッツスラブ」
小川山新婚旅行合宿の朝練で落とした課題。ムーヴがなんとも面白い、花崗岩チックな好課題!これは結構嬉しかった。

2011年11月 小川山「忘却の果て」

ムーヴがかっちりハマると楽に出来ちゃう不思議な課題。しかし忘却岩は濡れると乾きにくいので、仙台からの通いだったこともありRP体勢になってからけっこう苦労した。

2012年10月 小川山「フィロソフィー」

女性に人気?のトラバース課題ですね!

2012年10月 小川山「ラブリートラバース」

かなり簡単な初段だと思います。岩自体も小さいのであまり見栄えしないです。

2013年4月 塩原 「千」

これを登れた時の気分は最高でした。ライン、内容、高さ、どれをとっても素晴らしい初段!高い課題って色々ありますが、大抵落ちる場所さえ分かってしまえばマット1枚でもいけるものが多い。でもこの課題に関しては核心で落ちたときのことを考えるとマットが最低3枚は欲しいな、って今でも思います。。

2013年4月 塩原 「水long」

千を落とした日に、アドレナリンが放出されすぎててスター状態になっており、そのまま勢いで登れちゃった課題。フィジカルの限界を超えていたようで、翌日はぐったりしていた記憶がある。

2014年10月 瑞牆 「フリークエント・フライヤーズ」
ほとんど足って感じの花崗岩ぽい課題。高さがあるのでこのグレードなのでしょう。


[今おさわりしてて宿題になってる初段]
・小川山「太鼓判」 今年のGWに触って以来行けてない。この秋の隙間時間におとせたらいいな。
・小川山「田嶋ハング」 スタートから数手触ったことがあるが、あまり好き系じゃないのか何故かモチベーションがわかず、いつも素通りしてしまう。
・瑞牆「ストレートフェイス」 3年くらい前に元PEKIスタッフのアイリちゃんと一緒に触って以来ごぶさた。いつも十一面に行くたび気にはなっている。
・瑞牆「泉の家」 リーチのないひとはどうやって登っているのだろう。気合かな。
・大倉(仙台)「汁」 汁岩っていうエリアの代表的な岩にあるかっこいい課題。しかし、かなり難しいよ・・

このくらいだったかなあ・・?


今期は高難度マルチとリードのグレード更新が目標なので、ボルダーに打ち込む時間はあまりとれない予定。
2つ目の2段課題を狙ってみたい気もするけど、短時間で集中して良質な課題にトライ出来ればいいかなと思う。時間があれば行ったことのないエリアにも行ってみたいな〜。

岩登りはたのしいね!

Tag:外岩全般  Trackback:0 comment:0 

なつやすみおわった。

遅い夏休みが終わり、また日常がはじまりました。

夏休み後半は台風が過ぎるのを待って瑞牆へ。
ほんとうはマルチをやる予定だったが、1日目の午後〜2日目の朝にかけて雨が降ってしまったので3日間ともボルダーになりました。
1日目は午前中の数時間のみで雨、2日目は湿った森の中を乾いた岩を探しつつエンクラだったので、丸1日登れたのは3日目の金曜日のみでした。


PA170013.jpg
皇帝岩「フリークエント・フライヤーズ」は高い!



主な成果(3Q以上のみ記載)

[山形県エリア]
童子岩 「穴契約社員」(3Q) OS 雨上がりでも完璧に乾いてた
ツグミ岩 「トラツグミ」(3Q) RP スラブ。けっこう苦労した。
キトラ 「カンテ」(3Q) RP
リス岩 「デール・クラック」(3QSD) RP マントルが核心。岩が乾いて来たら登れた。
    「チップ・クラック」(2QSD) × クラックびしょぬれ

[皇帝岩]
皇帝岩 「フリークエント・フライヤーズ」(1D) RP 高さが気持ちいい!瑞牆初1Dげと!

[一ノ谷]
言葉岩 「物」(1Q) × ウェブザベもしたけどちょっと出来る気がしない・・

[二ノ谷]
泉岩 「泉の家」(1D) × 今年のGWにもトライした課題。できないよー
千里眼 「百里眼」(1Q) RP? カチマッチからのリップ取りは簡単すぎるけどムーヴ限定ってのもな。

[三ノ谷]
夜岩 「夜を待ちながら」(2Q) RP 
美しき日 「日々の暮らし」(1Q) × ジムっぽくて好きな課題なのに繋げるとよれちゃって出来ず。



ひさしぶりの外岩ボルダー楽しかった。
次は新エリアも行ってみたいな!\(・ω・)/

Tag:外岩全般  Trackback:0 comment:0 

夏休みはじまった!

10/10から、わたしの遅い夏休みがはじまりました!

今シーズンの目標は「高難度フリーマルチ」。
瑞牆でクラック主体のルートならプロテクションは自作だし達成感がある。
でも錫杖で全ピッチピカピカボルトのラインをやったら、なんだかしっくりこなかった。
すごく楽しかったし、時間のかかるマルチピッチの中に高難度が入ってくるというのは、フィジカルもメンタルも弱かった昔なら挑戦できなかったことなのは確かだ。
でもこーいうのばっかりやってたらゲレンデを脱出できないというか、心が強くならないなと思った。
そうしたら無性に屏風に行きたくなって、夏休みは錫杖の北沢デラックスをやる予定だったのだけど「夏休みは屏風がいい!」と言ってみたらペコマも賛成してくれた。


当初は5日間くらい横尾ベースに屏風合宿のつもりだったけど、台風絶賛接近中だったので横尾までの遊歩道を歩きながら話し合い、変更した。

屏風岩登攀からの、前穂北尾根からの、明神主稜!
この継続ラインの踏破を第一目標とすることにした。


PA100062.jpg

しかしこの継続は3日間分の全荷物を背負って屏風岩を越えるところに第一核心がある。
リードもある程度の荷を背負った上で、馬力のあるペコマが荷揚げユマールをするのが一番効率的だろうという合意に達した。
この「合意」はわたしにとっては願ってもないことだが、ペコマにとってはまさに試練だ。
ということで下部のT4尾根ルートも含め屏風岩雲稜ルートを全ピッチわたしがリード、そしてペコマが全ピッチ荷揚げユマールとなった!

PA100077.jpg

ほんとに良い旦那さんをもって良かった、と思う。。


PA100032.jpg

1日目はバス入山からだったので登攀開始も11時頃と遅く、核心ピッチのフィックスまでで暗くなったので写真の快適な扇岩に守られたテラスでビバークになった。
行けるとこまで行ってテキトーにビバークっていうの、すごく楽しい!


PA110121.jpg

屏風岩は安定しているといわれているけど、やっぱり山だった。ホールドスタンスは崩れて行くし、プロテクションはこんなだし。最近割愛されることが多いという最後の2ピッチはまさに登られてない感じで、出来る限り沢山の草を掴んで決死のトラバースをしたり。
ユマールオンリーだったペコマにもこのエキサイトを分けてあげたかったな。


PA110159.jpg


雲稜終了点から屏風の頭までは踏み跡明瞭だったけどひどい藪漕ぎだった。
写真は屏風の頭から見た屏風の耳〜前穂北尾根。



天気は3日間とも快晴で、まさに奇跡だった。
何を隠そう夏休み前の1週間は、台風19号の情報とそれに伴う適当に雨マークをならべた天気予報にヤキモキして仕事も手に付かず(汗)、キーッてなってティッシュペーパーをくしゃくしゃにしててるてる坊主を作って職場のデスクに吊るしたりしていた。

それがこの快晴だ。
これぞ至福!
ありがとう!ありがとう!


PA110068.jpg


この好天で涸沢も、穂高山荘も横尾も徳沢も奥又白もみーんな盛況だった。
雄大な景色の中を、あちこちで沢山の人が登ってた。


PA120157.jpg


2日目は前穂北尾根5.6のコルでこれまた満天の星空のもとビバーク。
翌朝3時間ほどで北尾根を抜けるとついに明神主稜!ペコマは今年、嵐のお盆休みに1度下から登っているが、わたしははじめて。
写真に見えているのが明神主峰。


PA120177.jpg

最後は水が尽きて脱水だった。河童橋の売店でミネラルウォーターを買って乾杯!
本当に充実した3日間だった。

2006年の同じ10月はじめの3連休に涸沢に行ったのがきっかけで山にはまったわたし。
だからこの場所は私にとって原風景だ。
また何度でも行こう。大好きな場所へ!


↓尾根の向こうにも詳しいレポートをUPしたのでみてください☆↓
http://onenomukou.web.fc2.com

Tag:アルパインクライミング  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属のゆるふわクライマー。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
カウンター