空木岳に登った

12/12〜13で空木岳に行きました。
前日の金曜日は気温が上がってがっつり雨。雪なんか無いんじゃないかとハラハラ。
きけば赤岳鉱泉も雪無しだと言うし、標高を考えたら空木も大概です´д` ;
12月なのに由々しき事態だね!


20151215122842c8b.jpeg
テンション鰻!?雪ないけど!!


林道の途中のゲートが閉まってたので30分くらい歩いて登山口へ。


201512151228454c8.jpeg

林道と登山道の位置関係はところどころ地形図(うぉっちず)と違ってました。


20151215122849aee.jpeg


暑くてどんどん脱衣しながら雪のない登山道をてくてく。
池山山頂にあがるコースとまくコースがあったけど、急峻だからまきましたー!


201512151228507e0.jpeg


池山避難小屋の分岐でふんだんな水量を誇る水場にぶつかる。
こりゃ、山頂付近でも水作りは厳しそう^^;
仕方なくひとり3Lの水を歩荷することにしました。


201512151228513f9.jpeg

ほどなくして"地獄"とよばれる危険地帯に突入。わくわくさんかな?



20151215124613e8e.jpeg

中央アルプスの他の山々もあんまり白くないですねー。


201512151246180d4.jpeg

これが大地獄?ここら辺から道にところどころ雪が残り、一部凍結している場所も。まるで春山!



201512151246205a8.jpeg


おっ!?雪が出てきたぞ!よく見ると私たちの前に男女2人パーティと思われる新しい足跡も発見!ペコマは「ラッセル楽しみにしてたのに・・」と残念そう。


2015121512462142b.jpeg

でも途中で前方のパーティに追いつき、ラッセルを交代することになりました。ペコマは張り切ってダッシュ!
8時くらいに車を出発し、14時頃空木平避難小屋に到着〜!今日はここで幕営します。
ゆるふわ〜!!


201512151246225f1.jpeg

空木平避難小屋は建て直されたばかりだそうでピカピカ!トイレもあって超快適でした。
ペコマはビール4缶を、チッペはワインと梅酒を歩荷してます。宴会だー!


2015121512552190a.jpeg
明るいうちから乾杯!!


201512151255248ee.jpeg

そして鍋ですが、これが何鍋か分かったらスゴイ・・。
キャベツがせん切りだけど、もつ鍋です!でもキャベツは絶対せん切りじゃないほうがいいよ!


2015121512552934b.jpeg


超早寝したし、翌日の天気が悪くなるようだったので翌朝は5時すぎくらいにアタック開始しました。
空木平避難小屋から駒峰ヒュッテまでコンパスの度数を合わせ、視界がきかない中沢沿いを何となく前進。


20151215125531742.jpeg

なんとなく駒峰ヒュッテにつきました。山頂まであと少し!


201512151255303d1.jpeg
登頂〜〜!ゆるふわ!!



201512151303042b4.jpeg

本当の山頂にもちゃんと登りました!


20151215130306063.jpeg

昨晩から今朝にかけて降ったようです。だいぶ冬っぽくなったね!


20151215130309962.jpeg

地獄さんも行きに比べるとだいぶ白くなりました。終始ゆるふわな感じで昼前に下山。
次はもっとラッセルできるかなー!





テーマ : ウィンタースポーツ
ジャンル : スポーツ

Tag:冬登山  Trackback:0 comment:0 

The North Face Cap 予選

ここ最近、自分の腕試しとして毎年恒例となってきたThe North Face Capへの参加。
今年も静岡のClimbing Jamで行われた予選会に参加してきました。





今年はもともと出場するかどうかをもの凄く迷っていました。
というのは、前年度に女子3クラスの中の真ん中のクラス(WD2)で入賞し、クラスが自動昇格してしまったからです。
今年からはWD1でしか出場出来ません。
選手層を考えると、実力的にいきなりWD2から挑戦するヒトも居るでしょう。
WD2までは社会人クライマーも多いと思います。
でもWD1はちょっと別格です。
ワールドカップクライマーをはじめとして、ジムスタッフ、国体選手、元ユースの選手、前年度にWD2で優秀な成績を収めた選手など、ボルダリングという分野でかなり本気度の高い人ばかりが集まっている筈です。


20151205-0113.jpg


正直、今の私くらいのグレード感になってくると急成長もなく、たった1年でそこまでのレベルに飛躍するには他のことを犠牲にして相当本腰を入れてかかる必要があると思いました。
それに加え、職場異動に伴って入間のベースキャンプには実質ほぼ通えなくなってました。ホームが定まらず、去年と比べても体系的なトレーニングが出来ていない実感。
更に、12月1週目といえば暦の上でも厳冬期スタート。待ちに待った冬シーズン到来で山に入りたくなる時期でもあります。
更に更に1月の3週目には専門医試験も控え、毎朝早起きして過去問をやってるので慢性的寝不足状態。。


一応エントリーしたけどいつでも棄権しようという位の気持ちだったし、いくらでもやめる理由はありました。
だって自分はフリークライマーとして大成したいわけじゃない。(たとえしたくても出来ない)
WD1で戦える力を手に入れることが、果たしてどれだけアルパインのためになるのか?
出場するだけで意味がある、とは思えない。勝つ為にトレーニングしてこそ意味があるのだが、勝てる様になるのだろうか。そもそもそこまでボルダー力をつきつめる必要があるのだろうか。
私は一体、何者になりたいのか。そこを見失ってはいけない。
でも、出場をやめることは、単なる逃げ?


正直、出場の前の週まで自問自答の毎日でした。自分が本当にやりたいことは何なのか、見つめ直すいい機会にもなりました。聞けば同じ日にアイスツリーでドライコンペがあるという。私はそっちに出場すべくトレーニングするべきだったのではないか??


でも、本番が迫ってくると心は決まりました。
はじめから駄目と決めつける必要はない。はじめから去年までとは違う、なんて思わなくて良い。
今回は今回で楽しんで、今まで通り調整して自分の持てる力をぶつけてみればいいじゃないか。
それで駄目なら来年からは考えればいい。
スポーツ理論だけでなく、一旦決めた目標を途中であれこれ理由をつけてやめることは、脳に「諦めていいんだ」というよくない刷り込みをする危険性があるそうです。
とにかくはじめに決めた目標に向かって出来る事をやることにしました。
そう。出来る事は出来るし、出来ない事は出来ないんだから、難しく考える必要は何もなかったんです。


20151205-0044.jpg


結果、厳しい戦いではありましたが本戦への切符を手にすることが出来ました。
それに、やっぱり純粋に楽しかったです。
でも前の週に飲み会4連チャンでジムにあまり行けなかったこともあり、セッションスタートから30分くらいは頭と身体がちぐはぐで、必要以上に力も使ってしまいました。
感触としては、去年の本戦のときのコンディションならあと3課題は完登できていたと思いました。
本戦までに調整すれば全く戦えないグレード感ではない。そう感じました。


本戦は3月。
ベースキャンプ2号店の近くに来週引っ越すので、今度こそちゃんとトレーニングしようと思います。
今年はそれで自分がどこまでいけるのかを見てみたい。そう思います。


さて。今週末から週末は山に入ります。
来年からはドライやアイスのコンペにも積極的に出たいので、これからトレーニングもはじめます。
だからおねがい。もうちょっと、寒くなってねニッポン!!


※動画は一緒に行ったTKB撮影・編集の秀逸ダイジェストです☆
テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:フリークライミング  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属のゆるふわクライマー。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
カウンター