2017/9/2〜10 イタリア オルコ谷 〜 Orco Valley 宿, 食事, 日々の暮らし編

実はイタリアミラノ、今回が初めてではありません。
大学生の時、マッターホルン狙いで行ったヨーロッパ旅行の最後に、数日だけ訪れています。


スイスから、ひどく雑で英語からきしダメのイタリア人が運転するバスで入国しようとしたら、国境近くで訳も分からず数時間待たされ、(そういやみんな諦めてトランプとかしてたな)やっと入国したけど英語が通じなくて憧れのアルコには行けず。ミラノだし、と期待して安いレストランに入ったら、味はいまいちな上に店員の態度が最悪。最後は金が底をついて水すら買えなくなり、どうにか行った街外れの岩場でマルチやったら脱水で意識が遠のき・・・・。取り付きで最後の水分としてとってあった350mlの缶ビールを飲んだ、けど美味しくなかった。そんな苦い思い出しかありません。

というわけで、はじめお誘いを頂いた時は「おぉ、ミラノか(笑)」「あのヤバいとこ(笑)」という間違った感想を抱いてました。


DSC02546.jpg


さて今回は、ちゃんとした大人の旅だし、頼れる友人たちが宿もスケジューリングもバッチリしてくれていたので何の不安もなく、世間一般の方が想像するような"憧れのMilano"(?)を満喫して来ました。


まず、今回の旅では色々あって計3つの宿に泊まりました。

到着した日は夜遅かったので、Milano Malpensa空港の近くに1泊しました。
空港から6kmほどのところにある"Sempione Hotel Ristorante"です。

DSC02530.jpg
綺麗なレストランホテルで英語対応可能スタッフ完備!(笑)スムーズにお部屋へ。5人がゆったり寝られる広々としたかわいい屋根裏風のお部屋でした。これで1部屋15000円以下です。

P9030750.jpg

DSC02550.jpg
wifiもばっちり。

DSC02539.jpg
夕食は1階のレストランで。入国祝いなので豪勢にいきました〜。


DSC02535.jpg
フォトジェニック!

DSC02552.jpg
翌朝は6時半からモーニングブッフェを利用できました。別料金だったかな。コーヒーマシン、数種類のパン、マフィン、ヨーグルトやグラノーラ、果物などなど大充実。


P9030763.jpg

テイクアウトできるスナックやプチスイーツも沢山あったので全種類持ち帰りました。ここでgetした行動食は結局最終日までもってたな(もらいすぎ)。



P9030813.jpg

翌朝レンタカーで移動し、いよいよベースとなるCeresole Realeの村へ!2つ目の宿は超かわいい系の貸別荘みたいなとこでした。こちらではChalet(シャーレ)っていうそうです。

P9030804.jpg
ベッドルームが2つあって、5人で十分広々使えるリビングダイニングがあります。キッチンは少し狭いけど調理器具は充実しておりなんでも作れる。シャワーは水周りスペースの一角に簡単な仕切りがしてありましたが、たまにお湯出なくて寒かった^^;

でも街の中ほどにあるし大人数でワイワイやるにはとてもいい宿です。7泊で€1170、一人当たりだいたい1泊4500円くらいです。


P9051004.jpg
そしてこのスーパーにはホントにお世話になりました!ほぼ毎日買い出しに行ってたし、お店の英語喋れるにいちゃんがとても良くしてくれました。一見するとただのお土産屋にしか見えなくて初めは分かりにくかった。。


P9071332.jpg
店内はコンビニくらいの広さしかないですが、酒も生鮮食品も充実してます。そしてお土産が共存してるこの混沌とした感じも素敵☆
とにかくワインが安くて美味しくて翌日に残らなくて最高でした!


DSC03006.jpg
たぶん日本でいう「○●商店」て感じの場所ですが、生鮮食品の品揃えはさすがイタリア。


DSC03005.jpg
生ハム、サラミも切り売り!巨大なミートスライサーに惚れ惚れしました。日本だったらデパ地下行かないとないよね。それがこんな田舎町の商店に。そして驚くほど安いんです。ざっくり、日本の1/4くらいの値段だと思う。。


DSC03013.jpg
チーズももちろん切り売り!ハムより割安かも?その地域特有の「地チーズ」なるものがあるので、聞いたことない名前のチーズが並んでいます。この"TOMA"というチーズはCeresole Reale産だそう。熟成度合いによってソフトからハードまであり、どれも違う味わいでとても美味しかったです。テイスティングさせてくれるのも超嬉しい!


DSC03048.jpg
夜はパスタ作ったり。


DSC03055.jpg
朝はパンにハムにチーズ。昼もこのパンとハムとチーズでサンドイッチを作って持って行ってたので、ほぼ毎日3食ハムとチーズを食べ続けてました。この1週間で一生分のチーズを食べたかも知れません。。


P9051014.jpg
そして3つ目の宿はこちら!Ceresole Reale村の入り口あたりにある立派なホテルです。


P9051018.jpg
Sport Village Hotel "La Casa del Re"。小さなレストランカフェ併設で一応食事もいただけるようですが、私たちは利用しませんでした。


P9051017.jpg
気持ちのいい芝生の前庭。村の入り口にほど近いので、Sergentの岩場が少し見えてました。

P9071344.jpg
大きな駐車場があります。オープンテラスで一杯やるのも気持ちがいいです。

P9051021.jpg
お部屋は2人部屋と4人部屋をとって、2人・3人に分かれました。2人部屋が1泊12000円くらい、4人部屋が1泊24000円くらいでした。立派なキングサイズベッド!

P9051025.jpg
前の宿のようなアットホームな感じではないですが、綺麗なホテルでアメニティも充実してました。


P9061185.jpg
自炊は出来ませんが、ハムとチーズとワインで4人部屋で毎晩のように宴会はしてました(笑)。

P9061183.jpg
ハムも色々種類があって味わいが全然違うので全く飽きません!


DSC03944.jpg
スーツケースのダイニングテーブルで宴会や、朝食、昼の行動食作りが日課でした。


P9061297.jpg
夕食は一晩だけ、ホテルの隣にあるレストランへ行ったりもしました。どこへ行ってもお通しで必ずと言っていいほどチーズとハムが出て来ます。文化ですね〜。


P9061298.jpg
パスタもさすがに美味しかった!英語は全く通じなかったけど、ジェスチャーでなんとかオーダー出来ました。あと"モルト(力強く言う) ボーノ!"は、店員さんといい感じになる大事な合言葉です。


P9090002.jpg
結局5人での集合写真を撮り損ねてしまい、最後に空港で撮った写真。過ごしやすい街で美味しいものを食べ、毎日楽しくクライミングした1週間でした!

岩場のレポートは"pecomaの唄"「イタリアのOrco谷でクライミング(成果まとめ)」をごらんください。
テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:海外クライミング  Trackback:0 comment:0 

2017/9/2〜10 イタリア オルコ谷 〜 Orco Valley トラッド、スポート、ボルダーと揃った本格クライミングスポット

カナダSquamishから帰国してすぐですが、今度はイタリアのオルコ谷というところへクライミングに行って来ました!

DSC02731.jpg


今年の3月頃、クライミング仲間のTさんに誘っていただき二つ返事でイタリア行きを決定。
海外は今まで3人が最大人数でしたが、今回は総勢5人のワイワイ旅でとても楽しかったです。

P9030859.jpg


日本人にとってイタリアの岩場といえばドロミテかアルコですが、ここオルコは日本人にはほとんど知られておらず、日本語の情報を検索してもほぼ出て来ません。でもヨーロッパのクライミングエリアとしてはある程度知られているようで、イタリアの北西部に位置しフランスとの国境近くにあるGrand Paradiso国立公園を中心として岩場が点在しています。

map.jpeg

メインエリアとなるSergentは300mくらいのgneiss(片麻岩)の1枚岩で、様々なサイズの美しいクラックがよく発達し、フェイスやスラブもあってまるで花崗岩。国際Trad climbing meetingが開かれるほど、たくさんのマルチピッチが楽しめるエリアです。

DSC03058.jpg


その他にも、ベースとなるCeresole Realeの村からちょっと車を走らせると、道路脇にアプローチ0分のスポートエリアがあったり、岩資源は豊富です。岩場では、地元のクライマーだけでなくフランス人やイギリス人にも結構会いました。10日間の日程で、クライミングできたのはうち6日でしたが、当然のごとく、全然時間が足りませんでした。最低でもあと丸1週間は欲しかったですね。

移動はもちろん、大人の直行便で。片道約11時間です。Alitaliaで成田からMilano Malpensaへ。

P9020726.jpg
私は2週間前にエアカナダに乗ったばかりだったのでつい比べてしまいます。エコノミークラスの客席は狭いながら、初めからネックピローとブランケット、ヘッドホンのセットが置いてあり(エアカナダはしばらく待ってやっと配られる)、ドリンクサービスもやや充実(毎サービス時、ワインとコーヒー完備!)。ただ、せっかく初めからヘッドホンがあるのにオーディオは離陸後しばらくしないと使えないのが残念ポイントでした。
あと、映画の充実度はエアカナダの方が断然上でした。


P9030729.jpg
機内食はさすがイタリア、おいしかったです。そして夕食にも朝ごはんにも当たり前のようにハムとチーズが出て来ます。しかしこの後1週間に渡ってひたすらハムとチーズを食べ続けることになるとは、この時まだ知る由もありませんでした・・!


DSC02508.jpg
空港でレンタカーピックアップ。今回は航空券やら何やらみんなお任せしてまるでツアー旅行のようなお気楽旅をさせていただきました。レンタカーはB.RENTというところだったのですが、空港にカウンターのないレンタカー屋さんで、電話をして空港までシャトルバスで迎えに来てもらうという(イタリアはなかなかに英語の浸透してない国)、のっけからちょっとハードル高い感じで旅が始まりました(笑)。

DSC02526.jpg
レンタカーは5人で2台。契約の関係で旅行中はずっと私がチッペコカーのドライバーでした。右側通行はカナダで慣れてしまっていてむしろ楽でしたが、標識が全てイタリア語なので何が何だかわかりませんでした。フィーリングで運転しました。
また、地元民はみんな驚くほどスピード出すしガンガン煽ってくるので、狭い田舎の山道は特にこわかったです。


空港から2、3時間のドライブでCeresole Realeの村に到着します。村からはLevanneという山が見えていてキレイでした。
P9030797.jpg


毎日の食事や宿、お店などについては次の記事で紹介します!

テーマ : クライミング全般(含ボルダリング)
ジャンル : スポーツ

Tag:海外クライミング  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属のゆるふわクライマー。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
カウンター